過去と現在が交差する場所。そこに当たり馬券という名の財宝があるという。 …のわんちゃって。

プロフィール

Nacky

Author:Nacky
Mの法則や亀谷くん風血統理論等の
影響の下に当たるんだか
当たらないんだかよく分からない予想や
分析を書き殴るダメリーマン。
ホーム競馬場は中京。
<予想について>
・馬券はご自分の責任でご購入ください。
・Mの法則の『血統辞典』等の
 記述を参考にコメントしています。
・予想の考え方から、
 馬体重の変動により、
 買い目が大きく変わることがあります。
 その場合最終結論をTwitterアカウント
 にツイートの上で記事を
 追記することがあります。
 (概ね馬体重発表後30分以内)

馬券購入

買い目はだいたい以下のように設定。
(2016バージョン)

三連複
◎○▲△ボックス(4点)
馬連
◎→○▲△流し(3点)
ワイド
◎→○▲△流し(3点)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タグcloud

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

20160214愚者の楽園S@T

2016/02/14 23:02

今週の回顧キャス。
猫の目のようにくるくる変わる雨の馬場に大苦戦。

20160214愚者の楽園S@T<クイーンC>

20160214愚者の楽園S@T<京都記念>

20160214愚者の楽園S@T<共同通信杯>

20160214愚者の楽園S@T<雑談~クラシック路線における鮮度とか>
スポンサーサイト

結果分析TB:0CM:0

20160206愚者の楽園S@T

2016/02/07 23:05

年始より「愚者の楽園 Sund@y @fter t@lk」と銘打って、
twicasにて回顧ラジオを「ファンダメンタルM」主催のMIOくんと、
日曜21時~2時間程度目途で行っております。
今週からようやく機材トラブルもなくスタートが切れましたので、
満を持してアーカイブを残していきたいと思います。
よろしければお聴きください。

20160206愚者の楽園S@T<きさらぎ賞>

20160206愚者の楽園S@T<東京新聞杯>

20160206愚者の楽園S@T<続きと雑談>

20160206愚者の楽園S@T<雑談2>

結果分析TB:0CM:0

土曜の結果まとめ

2015/11/21 22:31

http://www.mediafire.com/view/ecjrelc92731hw9/20151121.pdf

本日の馬場まとめ。
通ったコースの良い呼び方、募集しています。

今日は京都は内枠天国なんて言われていたけども、
衣笠特別の内容を見ていると、
それは内回りだけで外回りは外でも走れる可能性あるんじゃないの、
という疑いの目は持っておきたいところ。

結果分析TB:0CM:0

東京優駿回顧メモのようなもの

2015/06/01 23:01

【ドゥラメンテ】
参りました、としか言いようがない走り。
特に、間隔開けて好タイム追込勝ちを決めたところから、
中5週とはいえ詰まった形での好走は思ったよりも高い疲労耐久性を感じた。
もっとも、外枠を引いてスムーズに進められたからで、
疲労ある状態で内枠を引いたら、というifは頭に置いておきたいところ。
今後は…無敗の三冠目指すということもないわけだし、
ディープ産駒と違ってパワーに不足もなさそうなので、
是非凱旋門賞を目指してほしいところ。
それこそ札幌記念→本番直行がベストだとは思う、鮮度的な意味で。

【サトノラーゼン】
京都新聞杯1着のディープっょぃ。
軽い延長、前走勝ち、裏路線、と鮮度の高いステップが合うのだろう。
(レース間隔が縮むのが唯一の欠点)
京都新聞杯2着のポルトとの差も分かりやすい形だった。
ドゥラメンテとコメートの間を割りにいって最後まで投げてないあたり集中力も悪くない。
秋に3歳限定戦→天皇賞なら割と楽しみなのでは。

【サトノクラウン】
L系の1番人気裏切り後の巻き返し、という狙いはまあまあ的中。
まさにアドマイヤオーラと同じような格好になった。
ただ、やはり3着からの巻き返しもタイプは合わず、という部分はあったかも。
馬体が増えなかったのも痛かった。
秋に向けてはもちろん馬体は増やしたいが、そもそも菊花賞路線に疑問も。

【リアルスティール】
This is Yuichi Fukunaga。
芸術的な4着だった。
まあ、屋根を変えたところでドゥラメンテに勝てたとは思えないが。
このまま行くとドゥラメンテに勝った共同通信杯、が唯一の勲章になってしまうが。

【全体として】
やはりダービーはリズムレースなんだな、というところは肝に銘じたい。

【凱旋門賞について】
<問>
「ここ20年で凱旋門賞を勝った古馬牡馬は3頭のみ」
「ここ20年で凱旋門賞を勝った3歳牡馬は12頭いる」
「ここ20年で凱旋門賞連覇を果たした馬はトレヴのみである」
という現状のデータと
「ドゥラメンテは古馬になってから凱旋門賞行くべき」
という主張が破綻なく繋がる論理を展開しなさい。
(10点)

結果分析TB:0CM:0

小倉記念/レパードS 回顧のようなもの

2013/08/05 08:47

【小倉記念】
 事前に言っていた「トニービンが血統表にある馬」でワンツー。
 なお馬券的には勝ち馬が抜けて複勝のみだった模様。バーヤバーヤ。
 来年以降もこの傾向には要注意、ということで。

 ここが覆ったのはもうひとつの予想根拠「重賞鮮度はさほど必要ない」っていう傾向の部分。
 メイショウナルトは前走勝ってなかったのが良かったんだろうか。
 ハーツクライは冬にも格上重賞挑戦で穴開けてたし、鮮度系のデータに穴を開ける(例外事項になる)馬がまだまだ出そうなので注意したい。
 つーかラブリーデイまで行ってるなら相手には抑えろって話ですよねー。
 ラブリーデイは鮮度のバランスはギリギリとれてて血統的にも良くて、休み明けも小倉芝中距離適性も証明されてたから買いやすい馬ではあった。
 それでいて2着止まりなわけで、今後もG1では出番なし、G3のの凡走後のちょい人気落ちが狙い目になっていくだろうと予想。

 負けた馬の中ではマイネルラクリマはもう少し崩れると思ってたから意外。
 ただ秋の東京の高PCIな中距離路線でどうこうって馬でもないと思うので、夏終わったら間隔あけて別路線から有馬とかなら面白いかもしんない。
 エクスペディションは得意条件の割に情けなくて、ある意味でこのレースが鮮度レースでもないがリピーターレースでもない裏付けになったかも。

【レパードS】
 やっぱりいくら異端でも混合戦で牝馬は苦しいんだな、
ということなんだろう。
 あとこの時点での古馬対戦体験はアドバンテージになる確率が高いかも、
という部分は来年以降頭においておきたい。
 秋のトライアル重賞と似たようなイメージ。

結果分析TB:0CM:0

アクセスカウンタ

的中実績

東京優駿三連複×◎○的中!

ジーワンテキチュウ(`・ω・´)

予想結果(近4週)

1/5~1/6
 ○(+720)

検索フォーム

にほんブログ村ランキング

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

Copyright(C) 2006 CROSS POINT fool's paradise annex All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。