過去と現在が交差する場所。そこに当たり馬券という名の財宝があるという。 …のわんちゃって。

プロフィール

Nacky

Author:Nacky
Mの法則や亀谷くん風血統理論等の
影響の下に当たるんだか
当たらないんだかよく分からない予想や
分析を書き殴るダメリーマン。
ホーム競馬場は中京。
<予想について>
・馬券はご自分の責任でご購入ください。
・Mの法則の『血統辞典』等の
 記述を参考にコメントしています。
・予想の考え方から、
 馬体重の変動により、
 買い目が大きく変わることがあります。
 その場合最終結論をTwitterアカウント
 にツイートの上で記事を
 追記することがあります。
 (概ね馬体重発表後30分以内)

馬券購入

買い目はだいたい以下のように設定。
(2016バージョン)

三連複
◎○▲△ボックス(4点)
馬連
◎→○▲△流し(3点)
ワイド
◎→○▲△流し(3点)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タグcloud

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

皐月賞

2013/04/14 14:40

各ステップ別に見ていくと、弥生賞組は基本的に疲労が心配なステップ。特に前走1着の馬については人気になることが多いけど、年明け3戦目の馬は人気ばかり4頭でマイネルチャールズの3着が最高。2戦目の馬でもロジユニヴァースが飛んだりでやや信頼性が落ちる。

これは2着とか3着ステップでも同様だが、そこから巻き返す場合は大体の場合先行→差しもしくはキャプテントゥーレのような差し→逃げの位置取りショックがかかってる場合が多いのが特徴的。

スプリングS組は総じて弥生賞組より人気になりにくく、期待値は高め。好走組で言うと1着馬は3勝しているが馬券外も6頭。馬券外に沈んだ馬に共通するのはスプリングSを逃げだったり追込だったりの極端な競馬をしていたこと。例外だったのは昨年のグランデッツァだが、この馬は馬体重的にキレていた。

2着、3着ステップも似たようなところがあるが、プラス「前走人気よりも着順を落としているかどうか=余力を残したか」が重要になる。これを覆したのはスプリングSを11番人気3着から勝ったダイワメジャーのみ。この馬は前々走で下級条件のダートを走っていたくらい異質で疲労のないステップだった。

スプリングS組で4着以下から巻き返した馬は1頭のみで、ほぼ全滅状態。唯一の巻き返しはサンツェッペリンで、京成杯を逃げて好走→スプリングSを行けずに凡走→皐月賞で前に行く位置取り+延長、という先行馬の巻き返しの教科書みたいなパターンだった。

若葉S組は1勝2着4頭。ここも前走が人気薄激走になっているような馬はあまり出番はなく、またここで連対できてない馬もほとんど馬券になっていない。OP特別であることが効いているのか、年明けからちょっと使い込んでいていもこのステップなら大丈夫な印象。

このレースを先行してた馬は流れが替わって差しに回って好走、みたいな位置取りがかかりやすい印象もある。多分弥生賞と違ってストレス疲労が少なく、本番の皐月賞とも違う流れからの臨戦で自然に位置取りがかかるんだろう。

最終便と称されることの多かった毎日杯組はここ10年連対馬が出ていない。特に1800になってからはその傾向が顕著だが、これは単純にコーナー2つで軽い阪神の1800mと中山2000では適性が違いすぎる上、楽→苦の構図になりやすいからだろう。軽視軽視。

それ以外のステップでは共同通信杯1着から皐月も勝ったゴールドシップのみ。共同通信杯、きさらぎ賞組は最近の古馬G1のトレンドから行くとちょうどいい間隔になりそうなものだが、そうならないところを見ると中山2000のタフさは休み明けやそれに近い間隔の質を受け入れづらいのかもしれない。

ちなみにそれぞれの馬の距離経験という意味で行くとこれが初の2000mという馬は山のように馬券に絡んでいるので2000m経験がないこと自体はあんまり気にしなくてよし。

というわけで今日のメンツをステップ別に見ていくと、1着馬カミノタサハラは前々走が年内なのと前走が激走気味なのがマイナスポイントだが、前々走が500万条件なので疲労という意味では多少軽減されているかもしれない。前走は前目の競馬だったので、位置取りがかかる形なら好走はありうる。

2着のミヤジタイガは前走激走と年明け3戦目なのが疵。4着のエピファネイアは前走で連勝続きのリズムが崩れていて、巻き返しには強いショックが欲しいんだが、先行→差しの位置取りは勝つまでは行きづらいのも事実。三連単で3着マークくらいが妥当。

コディーノは余力は比較的あって悪くない臨戦。ただ、キャラクター考えても勝ち切る感は全くない。相手筆頭くらいの立ち位置。

スプリングS組はロゴタイプは前走先行で余力残す競馬。僅差の一番人気だが、正直崩れそうなイメージが湧かない臨戦になっている。タマモベストプレイは前走の疲労が若干残りそうではあるが、フジキセキの疲労への強さを考えると若駒の段階でなら十分耐えられそう。得意の内枠アップ。

若葉S組は連対馬が両方共激走してからのステップなので信頼性がない。この時点で買う気がかなり失せた。唯一買うなら実質初重賞で新鮮そのものなインパラトールくらい。これも揉まれないで位置取り後ろに持って行って弾ければ、レベル。



◎ロゴタイプ
○タマモベストプレイ
▲カミノタサハラ
△インパラトール
△コパノリチャード
×コディーノ
三連単フォメ◎→○→▲△×各200、◎→▲△×→○▲△×各100、馬連◎-○▲△各400、◎×300

(14:45追記)
馬体重マイナス10kgはディープには致命的。インパラトールは斬り。
逆に馬体増えて前位置取りなら別路線で面白いコパノリチャードを買う。
スポンサーサイト

競馬予想TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crosspoint4018.blog.fc2.com/tb.php/108-002614a1

アクセスカウンタ

的中実績

東京優駿三連複×◎○的中!

ジーワンテキチュウ(`・ω・´)

予想結果(近4週)

1/5~1/6
 ○(+720)

検索フォーム

にほんブログ村ランキング

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

Copyright(C) 2006 CROSS POINT fool's paradise annex All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。