過去と現在が交差する場所。そこに当たり馬券という名の財宝があるという。 …のわんちゃって。

プロフィール

Nacky

Author:Nacky
Mの法則や亀谷くん風血統理論等の
影響の下に当たるんだか
当たらないんだかよく分からない予想や
分析を書き殴るダメリーマン。
ホーム競馬場は中京。
<予想について>
・馬券はご自分の責任でご購入ください。
・Mの法則の『血統辞典』等の
 記述を参考にコメントしています。
・予想の考え方から、
 馬体重の変動により、
 買い目が大きく変わることがあります。
 その場合最終結論をTwitterアカウント
 にツイートの上で記事を
 追記することがあります。
 (概ね馬体重発表後30分以内)

馬券購入

買い目はだいたい以下のように設定。
(2016バージョン)

三連複
◎○▲△ボックス(4点)
馬連
◎→○▲△流し(3点)
ワイド
◎→○▲△流し(3点)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タグcloud

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

NHKマイルカップ

2013/05/04 23:47

今週も引き続き「Mラジ ~まとまり系競馬サロン~」にて予想の能書きを喋らせていただいております。
…先週大外れだったけどな!

その前に作ったメモがこちら。

NZT組
前走逃げ(3角先頭)→0-1-0-4
前走好走は2着→17着のギャラントアローと2着→2着のファイングレイン。
ファイングレインは多頭数替わり、内枠、アップとフジキセキ向きの条件が揃った上、先行での連対あり。
これ以外の馬は基本的にやや揉まれ弱いタイプの逃げ馬が揃っており、本番逃げれずに凡走している。

前走先行(3角2番手~5番手)→3-1-2-17
前走1着→好走はカレンブラックヒルのみ。大連チャン期でしかも圧勝後の逃げ位置取りで中が緩む流れ付き。
     これ以外の馬は人気背負っても凡走。
     前走ショックを頼って好走した馬、年明けのレース出走数が多い馬(4戦以上)は疲労心配。
前走2着→2頭いてダイワバーバリアンは摩擦の少ない超高速決着を位置取りと内枠頼って好走。
     セイクレットレーヴはカレンブラックヒルの作る緩い流れを差す形が間に合わず。
     2頭では分析しづらいが、トライアル好走の影響のほうが出やすいといえるかも。
前走3着→勝ち馬が2頭、差しに回って人気に応えたグランプリボス、初G1で前残りの流れに乗ったジョーカプチーノ。
     凡走したレトは特殊馬場が祟った印象、サクラタイリンは逆位置取りになって失敗
それ以下→3着馬が2頭。差し馬場で位置取りかかる形での好走。

前走差し追込(6番手以降)1-1-1-36
前走1着→前走苦手の延長で比較的前で好走したエイシンツルギザンが差しに回って好走。
     後の馬は前走の短縮や位置取りショックの反動が厳しく凡走。
前走2着→全滅。基本的に前走が人気以上の激走になっている馬で、差し激走のストレスが厳しい。
前走3着→ロジックが勝利。3角7番手→3角11番手とやや位置取りかかったことと、前走が2番人気3着と激走感が薄かったのが要因か。
     それ以外の馬は前走差し激走が反動につながっている。
それ以下→基本的には厳しいステップ。馬場が重くなって差し競馬になった年にストレスが少なく
     前走軽く負けたダノンゴーゴーが走っているくらい。

毎日杯
1800mになってからは2-1-0-3。
ここを速い上がりで好走した馬が差し競馬の流れでそのまま好走するパターンが多く、
凡走していたミッキーパンプキンや好走していてもアイアンルックは先行の流れを差し切れなかった。
ダノンシャンティは比較的前で勝ってから本番を後ろの位置取りで勝っているので、位置取り込みは悪くない。

桜花賞
2-1-0-4
勝ったのは桜花賞からの連勝のラインクラフトと稍重の差し競馬で別路線の鮮度が生きたピンクカメオ。
デアリングハートの2着もあるが、あんまり安定感はない。速い上がりが使えるタイプにだけ注意。

皐月賞
0-3-2-25
短縮だがあまり安定感のあるステップではない。
・前々走で1800以下を使ってある程度好走している(3着以上)
・皐月賞で負けすぎても走りすぎても居ない(疲労とリズムのバランスで6着0.5秒差くらいがベスト)
の条件を満たした馬が3着以内に来ている。
この条件を満たして凡走したのがアサクサキングスやマイネルシーガル、フサイチリシャール。
本質的に先行が良い馬はこのステップでも厳しいかもしれない。

スプリングS
0-2-0-3
皐月賞と同じく前々走に好走している馬がバウンド短縮の形で走っており、
凡走続きでリズムの良くない馬は苦しい。

その他
延長ステップではマーガレットS1400mから2頭、マイル実績あって直近軽い凡走のフジキセキのキンシャサノキセキと、
前走圧勝のアイルラヴァゲインだった。これくらいのリズムでも3着まで。
1200mの橘Sからはグランプリエンゼルのみで、特殊な先行馬場の年だった。
弥生賞やベンジャミンSからの短縮が3着に2頭来ているが、別路線短縮組は多少注意が必要かも。



先週と違って大きなプラスポイントを持っている馬は少なくて、
マイナス比べの様相になっているのかな、と思っている。
その中で上位はリズムの良さの引き換えに

エーシン→前走同距離トライアル重賞勝ち+ストレス+ダウン向けタイプ
ガイヤースヴェルト→上がり競馬への対応経験なし
レッドアリオン→トライアル重賞激走後のL系タキオン産駒

とそれぞれが十字架を背負っており、過剰な信頼は禁物だと思う。

そこでトライアルである程度活性化されてる馬、あと、リズムが良くて上がり使えてる馬を上位に。

◎マイネルホウオウ
△ローガンサファイア
△ストーミングスター
△ガイヤースヴェルト
△シャイニープリンス

最後のシャイニープリンスはラジオでは喋ってませんが、
今日の馬場を見てるとちょっと加えとく必要があるかな、と。

◎単300
◎複400
◎流し馬連各300
◎流し三連複各100
スポンサーサイト

競馬予想TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crosspoint4018.blog.fc2.com/tb.php/114-688c3eab

アクセスカウンタ

的中実績

東京優駿三連複×◎○的中!

ジーワンテキチュウ(`・ω・´)

予想結果(近4週)

1/5~1/6
 ○(+720)

検索フォーム

にほんブログ村ランキング

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

Copyright(C) 2006 CROSS POINT fool's paradise annex All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。