過去と現在が交差する場所。そこに当たり馬券という名の財宝があるという。 …のわんちゃって。

プロフィール

Nacky

Author:Nacky
Mの法則や亀谷くん風血統理論等の
影響の下に当たるんだか
当たらないんだかよく分からない予想や
分析を書き殴るダメリーマン。
ホーム競馬場は中京。
<予想について>
・馬券はご自分の責任でご購入ください。
・Mの法則の『血統辞典』等の
 記述を参考にコメントしています。
・予想の考え方から、
 馬体重の変動により、
 買い目が大きく変わることがあります。
 その場合最終結論をTwitterアカウント
 にツイートの上で記事を
 追記することがあります。
 (概ね馬体重発表後30分以内)

馬券購入

買い目はだいたい以下のように設定。
(2016バージョン)

三連複
◎○▲△ボックス(4点)
馬連
◎→○▲△流し(3点)
ワイド
◎→○▲△流し(3点)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タグcloud

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

馬券の買い方考

2013/02/05 21:40

今年の自分のポリシーとして、「◎は勝ちきる可能性がある馬に打つ」というものがある。先週あたりはやらかしてしまったけれども。これは年末に行った中京の現場で「購入9R中◎が3勝2着3回3着1回だったのに当たり馬券が一枚もなかった」というショッキングな事件を元に、

反省と「どんな買い方をすれば馬券をプラスにできるのか」という考え方を突き詰めていくべきだと感じたからだった。この辺を考えるのにあたって参考になったのが競馬王で連載中の半笑い氏(@han_Warai)の馬券の相関関係の話題だった。

内容的には「自分が本線とする馬券と押さえの馬券の相関関係を考えることで、的中率を維持しつつ当たった時の利益を最大化できるような券種の組み合わせの購入をする」というもので、なるほどこれはある程度◎の好走率が上がってくるならば必要な考え方だと納得したのである。

これを自分なりに考えてみるにあたり、現在の馬券の券種を系統だてて並べていくと、いろいろ気づかされる部分があった。現在の馬券の券種は単勝、複勝、枠連、馬連、馬単、ワイド、三連複、三連単、WIN5の9種類。この中で枠連とWIN5は明らかに立ち位置が特殊で、

他の馬券とは相関が極めて薄いものになる(枠連は金額的に付きづらく買いづらいということもあるが)。残りの7種は概ね「1着を当てる馬券」と「3着以内を当てる馬券」の2種類に分類されるのではないだろうか。で、その中で何頭当てることが必要かでリスクとリターンが変化する。

「1着を当てる馬券」の場合、最もリスクが低くリターンが低いのが1頭のみ当てる単勝になる。これに2着馬を当てるリスクを付けたのが馬単、2着馬と3着馬を当てるリスクを付けたのが三連単。これらの馬券は本質的には同じものだと考えることができると思う。

「3着以内を当てる馬券」についても同様で、最もローリスクローリターンなのが複勝、これを2頭必要なのがワイド、3頭全部当てるリスクがつくのが三連複とみることが出来る。これはほぼほぼ1着の馬券と対応していて、1着馬券の条件を最大限緩くすると3着馬券だと考えていい。

お気づきのことと思うが、ここまでで出てこないのが馬連という馬券になる。これだけ実は立ち位置が特殊で、分類するならば「馬単とワイドの中間」であり、「単勝と三連複の中間」の馬券とも言える。この特殊な立ち位置は組み合わせを考えるうえでキーポイントになるのではないだろうか。

図にするとこんな感じ

単 勝 → 馬 単 → 三連単
       ↓
     馬 連
      ↓
複 勝 → ワイド → 三連複

右上に近づくほど難しくなるといってもいい。

また、買い方でその馬券の代用になるというパターンも存在する。単勝=馬単総流しやワイド=三連複2頭軸総流し、辺りが代表的なところだが、総流しにしなければリスクが増える代わりに相対的なリターンも増えるという意味では共通している。

この中でメインをどの馬券にするか、その押さえと利益の最大化に向けてどの馬券を組み合わせるかが話の肝となる。ここで考えなければいけないのは、冒頭の話にも通じるけど「◎をどんな馬に打つか」という問題である。

考え方としてはいくつかあると思うが、勝つ確率の高い馬に◎を打つ(単勝派)、連対する可能性の高い馬に◎を打つ(馬連派)、3着以内に入る可能性の高い馬に◎を打つ(三連複派)の3パターンが大方ではないだろうか。これはスタイルなので人それぞれ。

ただ、このスタイルによってで買うべき馬券と立脚点にはずいぶん差が出てくると思う。例えば3着以内に入る可能性の高い馬を探すタイプの場合、必然的に穴馬をピックアップすることになる可能性が高いが(そうしないと儲からない)、この場合に基軸になるのは当然「3着以内を当てる馬券」になる。

この場合、押さえ馬券を考える場合のメインの観点は「条件を緩める」もしくは「相手に選んだ馬同士の組み合わせの馬券」がメインになるのだろう。例えば◎を1頭、△を4頭で三連複◎1頭軸流しをメインの馬券とするのであれば、

◎の複勝(完全に順相関)、◎流しのワイド(こちらも順相関)、△同士の三連複ボックス(完全に逆相関)、△同士の馬連ボックス(同時的中もあるがこちらだけ的中もある小さい順相関)あたりか。この中から、◎が3着を外したときの馬券をどう考えるかで決めていけばいいだろう。

ただ、これは個人的な問題ではあるんだけど、「3着に入ればいいと思って買った穴馬が3着以内に激走する確率」はそんなに高くないと思っている。勝ち切る資格のある馬は多くはないけど、展開次第では3着ならどんな馬でも来れてしまうという競馬の構造が原因だと思う。

そう考えたら、やはり個人的には◎を打つのは常に勝ち切る馬でありたいと思う。そうなるとメインとなる馬券はやはり単勝。これを軸に馬券を組み立てるわけだが、あとは◎とヒモに分けてそれぞれの好走時にリターンがあるかを考えてどこを拾うかを考えたい。

そうすると◎本命、△ヒモ、消が消し馬として、1着2着3着が◎△△、◎△消、◎消△、◎消消が◎が1着の。△◎△、△◎消、消◎△、消◎消が◎2着の。△△◎、△消◎、消△◎、消消◎が◎3着の、△△△、△△消、△消△、消△△、△消消(順不同)が◎トビのパターンになる。

こう並べてみるとどの券種を買うとどこがカバーされていくかが分かりやすい。あとは押さえとなるかどうかで、せめて当たったらトントンになるくらいでないと買う意味があまりない。そしてそうするために押さえの馬券の金額比率が増えるなら本末転倒としか言いようがない。

そう考えると、いくらカバーする比率が高いからと言って複勝を買うというのは本末転倒になる。同時に印がついた馬が3頭揃うかどうかというところを考えると、三連複はリスクが高すぎるということになるのではなかろうか。

面白いところとしては馬連をヒモ馬同士の組み合わせも含めた形で買っておくと、◎流しの三連複で抑えるのとほぼ同じ効果があるということだろう。△◎△、△◎消、△△△、△△消の◎単外れパターンを抑えられると共に、◎△消、◎△△の的中で勝ち上乗せにも出来る形。

破壊力という意味では◎△△の完全的中時の勝ち分を大きく上乗せできる三連単も捨てがたい魅力がある。というか、どこかで大きな勝ちを拾う構造がないとジリ貧となるのが馬券の常なので、そこを拾う構造は必須といえるのではないだろうか。

そう考えると、◎の単 ◎流しの馬連 △馬連ボックス ◎→△→△の三連単フォメというのが妙味が大きいかもしれない。単純な馬券点数で行くと、△3頭なら単1点、馬連6点、三連単6点。△4頭なら単1点、馬連10点、三連単12点。

△4頭だと最低3000円必要になることなどを考えると、やはり△は3頭までというのが妥当かもしれない。そうすると押さえのことなどを考えると単◎500、馬連◎-▲△200、▲△ボックス各100、三連単フォメ◎→▲△→▲△各100、これで単勝なら4倍、馬連なら10倍or20倍ついていればプラスだ。

上記から◎を打つ際は単勝が最低でも4倍前後というのが条件になりそう。少なくとも購入時点では4倍を超えていたい。ヒモについては▲:全頭で一番(もしくは◎の次に)連対確率が高そうな馬、△:◎▲以外で期待値が高い馬×2という考え方がよさそうだ。

こうすると金額としては1レース2000円。これを勝負度Bとし、遊びレースのパターンとして◎単200、◎-▲△馬連各100の合計500を勝負度C、◎に自信があり馬券全体も荒れてきそうなレースを勝負度Aとしてヒモを4頭、◎単1000 ◎-▲△馬連各300、▲△馬連ボックス各100、三連単フォメ◎→▲△→▲△各100で4000円

というわけで今週からこんな考え方で馬券を購入していく。
スポンサーサイト

競馬予想TB:0CM:2
コメント
参考になりました
出走頭数、メンバーにもよりますが、基本が3連複なのでどうしても◎は「3着以内」>「勝ちきる」というスタンスで選んでしまいます。

◎が一本被りの馬だとガミる可能性が高くなるので相手に人気薄を入れたいところですが、その穴馬の見極めが難しいです。逆に穴馬が突っ込んできたものの◎が圏外とか(苦笑)
やましょう #-|2013/02/06(水) 12:48 [ 編集 ]
ありがとうございます
三連複の難しいところってそれぞれの馬がどこまで来られるかのジャッジをかなりシビアにしなきゃいけないことだと思うんですよね。
例えばボックスで買うにしてもこの馬は来ても三着までって馬を3頭も4頭も買ったら少なくともその馬同士の組み合わせは死に目になるわけですし。
まあ、そういう意味ではどの馬券でもどの馬がどの着順まで来れそうかをしっかり想定していくしかないんでしょうね。
Nacky #-|2013/02/06(水) 13:20 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crosspoint4018.blog.fc2.com/tb.php/81-99a50f08

アクセスカウンタ

的中実績

東京優駿三連複×◎○的中!

ジーワンテキチュウ(`・ω・´)

予想結果(近4週)

1/5~1/6
 ○(+720)

検索フォーム

にほんブログ村ランキング

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

Copyright(C) 2006 CROSS POINT fool's paradise annex All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。